読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

松本 隆 の「自然のままに」

宮崎で日本共産党の活動をしている松本隆の記録です。

田村貴昭さんと街頭演説会、党支部・後援会の「集い」を2ヶ所で開催

12日(水)は田村貴昭さん(比例九州・沖縄ブロック予定候補)が宮崎へ。田村さんは、衆院選が今度で3回目。定数21のなかで、日本共産党の現有議席は赤嶺政賢さん1人だけです。比例では、今度こそ田村さんまで2議席にしたい。私ももちろんがんばります。

f:id:takashi-matsumoto:20120914004210j:plain

昼の「集い」では、主催者の後援会から要望のあった消費税増税に頼らない別の道について、田村さんがパワーポイントを使ってお話しました。また、橋下「維新の会」がいかに自民党政治と同じかも説明しました。私は、被災地の仮設住宅などをまわって感じたことやオスプレイの沖縄県民大会について、写真をみてもらいながら話をさせてもらいました。

f:id:takashi-matsumoto:20120914004307j:plain

夕方は、街頭演説会です。私は、オスプレイについて沖縄県民大会や政府交渉の体験から、アメリカいいなり政治の根本に安保条約があり、党は安保条約を解消して、アメリカと対等・平等な友好条約を結ぶ提案をしていることなどを話しました。沖縄に連帯して赤いシャツを着て訴えました。田村さんは、政策全般についてお話しました。

夜の「集い」では、田村さんが、全般的な話をパワーポイントで行いました。参加者から領土問題について質問が出され、田村さんが答えました。

参加者からは「今日はすごく勉強になった」などの感想が寄せられました。田村さんは「電気紙芝居」と名付けて、九州各地の「集い」で行っています。非常にわかりやすい。私も力量をつけていきたいと思います。